ICC代表 千田潤一からのメッセージ

TOEIC®テスト普及のお手伝いをしてきました・・・今までも、そしてこれからも

私、千田潤一は1990年のICC創業以来、1990年のICC創業以来、TOEIC®テスト、TOEIC®Bridgeテスト、TOEIC®SWテストの普及のお手伝いをしてきました。

そして1999年12月、講演回数1,000回突破を機にTOEIC®の協会より感謝状を授与されました。

また、2010年9月には、朝日新聞のオピニオン欄に、「TOEIC®の伝道師」として紹介されました。

現在も協会主催のセミナーや講演・講座等の支援活動をしています。これからも、TOEIC®普及のお手伝いを通して「人と企業の国際化の推進」のお役に立ち続けたいと思っています。

ICCの名付け親はTOEIC®テストの発案者です

ICC代表 千田潤一

TOEIC®発案者の想いを胸に

ICCの名付け親は、故北岡靖男さんです、北岡さんはTOEIC®の生みの親です。元Time inc.のアジア総支配人だった北岡さんは、日本人の英語力向上に貢献したいと考え(株)国際コミュニケーションズ(ICI)を設立しました。

その後、米国テスト機関ETSに新しいテスト開発を提案しました。
それが、TOEIC®のスタートです。

1990年、私は北岡さんのお誘いを受け、ICIに籍を置くとともに、ICCを設立しました。ICCは、International Communications Consultantsの略です。国際舞台でのコミュニケーションが円滑にできる人材育成のお手伝いをしたい、という思いからつけた社名です。

ICCのMissionは「英語難民救済」

「TOEIC®スコアを手に呆然としている人が日本中にあふれています。TOEIC®スコアの先を見せてあげてください」。これは、亡くなる直前、病室から届いた北岡さんからの遺言です。

北岡さんは、“TOEIC®対策”という言葉が嫌いでした。小手先の対策や勉強で、結果が出ずに悩んでいる“英語難民”がたくさんいます。
そういう人たちに手を差しのべたい。それが、ICC創業の原点でもあります。

2000年、私は那須高原に「英語難民救済センター」を設立し、「英語の学び方を学ぶ」1泊2日の合宿を開催してきました。
回数は100回を、参加者数は1,000名を超しました。学び方が分かった皆さんは、元気いっぱい、やる気満々で帰っていきます。

「英語トレーニング」で日本を元気に

英語難民救済の手段が、「英語トレーニング」です。「英語トレーニング」は、20年以上にわたり、グローバル企業の英語研修や合宿で集積してきた「TOEIC®スコアレベル別英語学習法」の集大成。

不安をいっぱい抱えて集まった皆さんが、英語トレーニングを実践し、効果を体感すると、突然目が輝きだします。不安げな眼差しの学習者の目が輝きだす瞬間を見るのが、私の一番の喜びです。

その瞬間のために、私はこれからも温かさの自己表現を続けていきます。そして、「英語トレーニング」で日本を元気にしたいと思っています。

ICC代表 千田潤一

ICC代表 千田潤一

これならできる英語合宿 資料請求

千田潤一のこれならできる合宿お申し込み

お問い合わせ

リンク集

会社案内

社名株式会社アイ・シー・シー 
代表者代表取締役 千田潤一
主な事業企業の
英語研修コンサルティング
所在地〒107-0052
東京都港区赤坂1-3-5
赤坂アビタシオン3F
TEL03-4360-9359
FAX03-3262-0234
URLhttp://www.icc-chida.com/